牛車で往く

日記や漫画・音楽などについて書いていきます 電車に乗ってるときなどの暇つぶしにでも読んでください

スポンサーリンク

曲のサンプリングの元ネタを見つけてくる人すごすぎ(TV Girl 「The Wild, The Innocent, The TV Shuffle」)

ホンダのCMを見て、やっぱりAvalanchesっていいなと思った。

 


CR-V TVCM「OPEN MIND VEHICLE」篇

 

Avalanchesのようなサンプリングのスタイルをとるアーティストは結構好きだ。日本人アーティストでは、DE DE MOUSEが有名だろう。DE DE MOUSEのbaby's star jamとか何言ってんのか全然分からんのに、めちゃくちゃいいもんな。最高。

 


DE DE MOUSE / baby's star jam (PV)

 

YouTubeに上がってるこの動画も面白い。

 


黒人が怒ってる動画にビートを流したらヒップホップになった篇

 

黒人がスタバの文句を言ってる動画に、トラックを合わせただけでヒップホップに聴こえるようになる。ホンマに怒ってんのか?ってぐらい歌っているように見える。天才的な発想ですわ。モカチョコ!モカチョコ!って言ってるよね。モカチョコレートの何かしらが気に入らんかったんやろか。この動画、おススメしといてなんですが、なぜか年齢制限がかかっていて見れないかもしれません。

 

そんな中、サンプリングをスタイルとして取っているミュージシャンでハマっているのがTV Girlだ。「The Wild, The Innocent, The TV Shuffle」っていうアルバムがめっちゃいい。

 

 

しかもこのアルバム、bandcampで、自分の好きな値段で買うことができる。いわゆる投げ銭システムだ。Avalanchesと比較して、TV Girlはしっかりと歌を歌っており、どちらかというとバンドっぽい。

 


TV GIRL - I WONDER WHO SHE'S KISSING NOW

 

この曲すーっごい落ち着く。チルアウトよ、チルアウト。サビで流れるサンプリングのコーラスがいいよね。この部分は、60年代に活動していたThe Joy Tonesの「This Love That I'm Giving You」という曲からサンプリングしている。このアルバムの「TV in the Bedroom」、「On the Fence」、「Sweaters」の流れもすごくいい。落ち着く。他にもビートルズの曲をサンプリングした曲などもある。そしてボーカルのTrung Ngoの声がいいのだ。スケボーもうまい。だけど、今はもう脱退してしまっている。非常に残念だ。とは言っても、Trung Ngoが脱退した後でも、相変わらずグッドメロディーでセンスのある曲を出し続けている。

 

サンプリングのスタイルをとった曲のいいところは、元ネタを知ることで、さらに色んな音楽に出会うことができるところだ。私は音楽に対して全く造詣が深くないが、今の時代、ネット上に詳しい人がたくさんいて調べれば解説してくれている。大変有り難いよ。自分の好きなアーティストのルーツを調べるのも面白いよね。HMV&BOOKS onelineでやってる無人島〜俺の10枚〜というコーナーでは、アーティストが文字通り無人島にCDを10枚だけ持っていけるとしたらという質問に答えている(今はもうおそらく更新されていない、残念)。WOWOWの動画のぷらナタでも、ゲストであるアーティストが、自分自身を構成するアルバム9枚を紹介するコーナーがあって、ルーツを知ることができる。NHKでやってたミュージックポートレイトも面白かったなあ。会社の上司の昔話は全然面白くなくてしょうもないけど、自分の好きなミュージシャンや芸能人の生い立ちはすごく面白くて興味が湧く。なんの差や。

 

でも、こういう方法で知った好きなアーティストのルーツとなった音楽を聴いてみると、これがなかなかはまらない。8割ぐらい良さが分からない。ホンマにこれいいか?って思うやつとか結構ある。けれど、いざ自分が好きなアーティストを振り返ってみれば、最初は良さが分からなかった人たちもいる。一聴して耳触りのいい音楽は、すぐに飽きてしまうこともある。一方、最初は良さが分からなかったものは、聴き続ければだんだん分かるようになり、気づけば好きになっている。聴いた時点では自分は持っていない価値観であったが、それがだんだん受け入れられるようになるからであろう。安い共感ではなく、新しい刺激を与えてくれる。そして、そういうふうにして好きになった音楽は、長い間好きなままであることが多い気がする。頑張って聴く必要はないけれど、良さを分かろうとする姿勢も大事だなと思う。

 

それにしても音楽って、その人の人格や人となりを表すから、自分が好きなアーティストを言うのって結構恥ずかしい。なんか、自分の内面をさらけ出すような気がして。今でこそ匿名でブログを書いているから気にせず言えるけど、実生活では、ためらってしまうときもあるよね。でもその分、周りがあんまり知っていないアーティストを知ってる人に出会えたときの喜びは大きい。だれか周りでTV Girlを好きになってほしい。