牛車で往く

日記や漫画・音楽などについて書いていきます 電車に乗ってるときなどの暇つぶしにでも読んでください

スポンサーリンク

トランジスタ・ラジオと青春(ザ・カセットテープ・ミュージック)

f:id:Cluster-B:20181010231317j:plain

 

BS12において放送されているザ・カセットテープ・ミュージックという番組がある。

 

www.twellv.co.jp

 

お笑い芸人のマキタスポーツと音楽評論家のスージー鈴木が好きな音楽について、思い思いにしゃべるという番組だ。なかなか人気のある番組なようで、10月7日の放送から、ゴールデンに進出した。その回のテーマが「もっと声に出して読みたい歌詞特集」だったのだが、まあ面白かった。

 

スージー鈴木がRCサクセションの「トランジスタ・ラジオ」の歌詞を紹介していたのだが、それが素晴らしかった。

 

 

スージー鈴木がトランジスタ・ラジオの歌詞を受けて、今と昔の音楽との出会い方を違いを語っていた。今の時代はインターネットがあり、好きな曲をいくらでも聴けるが、昔はそうはいかなかった。ただ、昔はその分、ラジオを通して音楽と触れ合うことで、海外の知らない曲と出会うことができ、誰も知らない良い曲に出会えた時は、喜びがひとしおだったという。この感覚はすごく分かるなあ。まだインターネットがこんなに普及していなかった頃は、確かにラジオが音楽と触れ合える主な媒体であった。アーティストの新曲も、CDの発売前にラジオ番組で初解禁され、それが楽しみで仕方なかった。その番組内で放送されるのは分かっているのだが、何時何分に放送されるのかは全く分からなかったから、コンポの前にかじりついて聴いていたなあ。そして、その新曲を聴けたときは、いち早く聴けたという謎の優越感と満足感に浸っていた。今はYouTubeで発売前に新曲のPVをフルで聴けてしまい、サービス精神が旺盛すぎる気がする。CDを買う前にPVを見すぎて満足してしまって、飽きてしまうなんてこともある。昔はPVを見ることすらなかなかできなかったから、PV集のDVDを買ったりしていた。今は全くPV集を買う気は起きない。スペースシャワーとかMUSIC ON TVを見れるやつがうらやましかったなあ。LIVE映像を見るのだって、DVDやビデオを買わなければ見れなかったけれど、今はYouTubeで見れる。それはそれでいいことか。なんやかんやいってYouTubeの恩恵は受けていますんでね。それでもやっぱりラジオを聴いていた頃の方が、新しい音楽と出会えた時の感動は大きかった気がする。思い出補正ガンガンにかかっているけども。

 

そして単純にトランジスタ・ラジオの歌詞が素晴らしい。授業中に屋上でたばこをふかしながらトランジスタラジオで見知らぬ国の音楽を聴いている自分と、教室で教科書を開きながら授業を聞いているあの娘との対比。自分が聴いている曲を知らないだろうなあなんて、あの娘のことを思いながら。この青春感。そしてスージー鈴木の熱弁にマキタスポーツがまあ泣くこと泣くこと。笑ってしまうぐらいにマキタスポーツは感動していた。なんか心なしか、マキタスポーツのことがめっちゃいいやつに思えてきた。

 

ハイロウズの青春もRCサクセションのトランジスタ・ラジオの歌詞に似ている。

 

渡り廊下で先輩殴る 身に降る火の粉払っただけだ

下校の時にボコボコになる 6対1じゃ袋叩きだ

鼻血出ちゃったし あちこち痛い 口の中も切れた

リバウンドを取りに行くあの娘が 高く飛んでる時に 

 

先輩にボコボコにされているとき、あの娘はリバウンドを取りに高く飛んでいて、自分が袋叩きにされていることなんて全く知らないし、そんなこととは全く関係がない時間を過ごしている。この交わらなさ、境界線。この交わらなさがあの娘のことを、まるで自分が生きている俗っぽい世界とはかけ離れた世界の存在として映し出し、そしてその姿に憧れを抱いてしまうのだ。ああ青春。甘酸っぱい。ハイロウズの青春は名曲すぎる。大学への片道2時間を、この曲だけをエンドレスリピートしてひたすら聴き続けて通ったことがあるくらい名曲。

 

なんかあれやね、昔は良かったとか言うやつしょうもないなと思っていたけど、自分でも思いっきり言っちゃっている。人間変わるもんですよ。自分では変わってないと思っていても、緩やか変化していって、気づいたらピーマン食べれるようになったり、お肉より魚が食べたい日があるようになったりするよね。しまいにはパクチーが好きなんて言うやつが出てくるんだから困ったもんやでホンマに。ブログでは、昔はよかったとか書くけど、現実では鬱陶しいだけやから気を付けようと思います。ブログでも鬱陶しいか。