牛車で往く

日記や漫画・音楽などについて書いていきます 電車に乗ってるときなどの暇つぶしにでも読んでください

スポンサーリンク

ねずみ男にはなりたくない(龍谷ミュージアム 特別展「水木しげる 魂の漫画展」)

f:id:Cluster-B:20181022221939j:plain

京都にある龍谷大学の龍谷ミュージアムにて開催されている「水木しげる 魂の漫画展」に行ってまいりました(詳細はこちら:龍谷ミュージアム 特別展「水木しげる 魂の漫画展」)。水木先生の描くキャラはすごい愛嬌があって、かわいい。口がいいよね、口が。ε になってる口最高。水木先生のエッセイ「ほんまにオレはアホやろか(講談社文庫版)」の表紙めっちゃ好きや。これは口が ε になってないけどもね。例外もあるよね。

ほんまにオレはアホやろか (講談社文庫)

ほんまにオレはアホやろか (講談社文庫)

 

 

会場には、小学生からおじいちゃん、おばあちゃんまで幅広い年齢層の人が来ていて、水木しげる先生の人気の高さがうかがえた。基本的に会場内での撮影は禁止で、唯一撮影できるのが入り口のオブジェだった。

f:id:Cluster-B:20181022221946j:plain

 

展示内容は、プロローグを含めた9つのブースに分かれていて、ボリュームがすごくてかなり楽しめた(会場マップはこちら)。会場内のいたるところには、水木先生が描いたキャラクターのパネルが設置されており、これがかわいいこと、かわいいこと。なんか和むんよなあ、水木先生の絵は。飄々としている感じがいい。

 

それに加えて、展示会場ではおよそ13分のシアターが30分おきに上映されており、講談社の編集担当だった田中利雄氏とアシスタントだった村澤昌夫氏、池上遼一氏が水木先生について語るという内容になっていた。特に池上先生の話が面白かった。アシスタントとして採用されて初めて水木先生に挨拶をしたときに、池上先生は「君は空気の抜けたカステラみたいな声をしているな」と言われたらしい。また、水木先生の漫画の背景は、アシスタントの方が担当することが多かったらしいが、背景を点描で描くときに池上先生はものすごく眠たくなっていたそうだ。そして、それを見た水木先生は「池上君は点描をさせるとすぐに眠ろうとするから、ほかのことをやってもらおう」と。水木先生との仲よさそうなエピソードに和んだ。お三方の語る水木先生のエピソードから、水木先生のおおらかな性格が感じられて良かった。もちろん、池上先生は真面目な話もされており、鬼太郎独特の雰囲気は、背景や効果線などの直線をものさしを使わずに描き、空間をあえて作ることで生み出されていると語っていた。また、緻密な背景に対して、デフォルメの効いたキャラクターを組み合わせるという描き方は、水木先生の発明だとも言っていた。この上映会を最初に見たことで、池上先生が言っていたことを意識して展示品を見れたため、より一層楽しむことができた。行かれる方は、ぜひ一番最初に上映会を見るのがオススメです。

 

第1章の「武良茂アートギャラリー ~少年天才画家あらわる!~」では、水木先生の少年時代の作品がたくさん展示されていた。水木先生が描いた少女漫画タッチの原画がもあっておもしろかった。水木先生こんなん描いてたんや。ぜんぜん知らんかったぜ。

 

第2章の「水木しげる漫画研究 ~片腕で生み出す独自の画法~」では、水木先生が描いた下書きやラフ画が展示されていたけど、水木プロダクションの当時の募集要項が一番気になった。給料に関しては、絵がうまい人5万円、下手な人は2万円と、なかなかえげつない実力主義社会。給料倍以上変わってくるやん。その他にも、「すぐやめる人はきらいです」と書かれていて、「すぐやめる人は応募しないでください」ではなく、「きらいです」と表記するあたりが、なんか水木先生らしくていいなと思った。

 

第7章の「妖怪世界へようこそ」では、待ちに待った水木先生が描いた妖怪たちの絵が展示されていた。緻密な背景に点描で表現された濃淡、独特のじめっとした雰囲気がまさに日本の妖怪という感じがして、目が離せなかった。特につらら女の絵のつららを点描で表現しているものは圧巻であった。絵がものすごくうまいなあ。池上先生の話を聞いてたら、アシスタントの方が描いているのかもしれないけれど。

 

他にも戦争体験を描いた「総員玉砕せよ!」の原画や、この展示会で初公開の虫の絵本(未完の絵物語、これが水木先生の事実上の遺作となったようだ)など、見ごたえのあるものがたくさんあった。水木先生の描く土方歳三や安倍晴明はぜんぜんシュッとしてなくて、逆に人間味にあふれていてよかった。最近のキャラは全体的にイケメンすぎるよね。

 

また会場では、いろんなグッズが販売されており、缶バッチやTシャツ、手ぬぐいなどの展示会限定のものもあった。グッズがあたるくじも500円でやっており、はずれを引いてもクリアファイルと目玉おやじの絵が入った小さなカバンがもらえるという、なかなか優しいくじだった。自分は展示会限定のクリアファイルと、こちらは限定品ではないねずみ男の秘密が書かれたクリアファイルの二つを買った。このねずみ男のクリアファイルが面白い。まあ、ねずみ男のことをボロクソにこき下ろしている。

       f:id:Cluster-B:20181022221941j:plain

ねずみ男の歯は、なんでもかみ砕ける強い歯であるが、強い歯があるからいやしくなったのか、いやしいから歯が強くなったのか、そのどちらかは分からないと書いてある。話術に関しては、話術が巧みであるが、それに加えてものすごい口臭だから、相手はたちまち逃げ出してしまうらしい。どんなんやねん。ねずみ男の胃こそホンマに、「胃が腐っとんじゃっ」ってやつよ。

 

展示品もグッズも全部含めて、非常に面白かった。それにしても龍谷大学、こんなミュージアムをもっているなんてすごいな。龍谷大生は無料なんだろうか。このミュージアムでは、基本は仏教に関する展示をしているようだ。水木先生は地獄や極楽浄土の絵も描いているから、今回の特別展が開催されたのだろうか。なんにせよ、ねずみ男のように臭くならないように、しっかり歯磨きをして寝ることにしよう。なんてったって、会話の途中で、相手がたちまち逃げ出してしまうんだから。