牛車で往く

日記や漫画・音楽などについて書いていきます 電車に乗ってるときなどの暇つぶしにでも読んでください

スポンサーリンク

ヤクルトは夜飲んだほうが効く気がする(car10「Bastard Blues」)

f:id:Cluster-B:20181015231909j:plain

 

菅野凄すぎたな。CSでノーヒットノーランとか、文字通りヤクルトは打つ手がなかったですね。それにしても、トリプルスリーを達成した山田哲人があんまり騒がれてないのもすごい。三回も達成されたら、人間馴れるもんやね。

 

最近、飲む方のヤクルトの素晴らしさを感じている。人間生きてたら日々ストレスにさらされるから、お腹が緩い日もある。というか毎日緩い。そこでヤクルトを飲むとまあ効くこと効くこと。快便ですよホンマ。そして今まで、ヤクルトは乳製品ということで安易に牛乳的なとらえ方をして朝に飲んでいた。しかし、それを夜に飲むように変えると次の日の日中、おなかの調子がより整っているような気がするではないか。そして何より、お酒を飲んだ日の寝る前に飲むヤクルトの効果がすごい。お酒を飲んだ次の日は大体下痢気味になるところを、寝る前にヤクルトを飲むだけで、次の日は快便快便。すごいよヤクルト。2位やったのに3位の巨人に負けたけど、すごいよヤクルト。今じゃヤクルトの効果を実感しすぎて、ヤクルトを飲み忘れたときに、逆に飲み忘れたという事実がプレッシャーになって下痢気味になりそうなぐらいすごい。まあでもヤクルトのHPを見たら、別に飲む時間帯はいつでもいいらしい。

 

www.yakult.co.jp

 

夜に飲んだほうがいいと思ったのは、プラシーボ効果かね。

 

ヤクルトのみならず、小説を読んだり、音楽を聴いたりする際は、夜の方が集中できていい気がする。心理学では、午前は理性の時間、午後は感性の時間ということからも、夜の方が感受性が高くなり、それが影響している部分もあるのだろう。それに最近は涼しいから、夜に音楽を聴くとまあ沁みてくる。car10の「Bastard Blues」がすごくいい。

 


CAR10 - Bustard Blues - OFFICIAL MV

 

日本語に訳すと、ろくでなしブルースとのタイトル通り、英語から日本語に変わる部分の歌詞が情けなくって沁みる。そんでもって、そのあとのギターソロがめちゃくちゃかっこいい。なんか泣ける。この曲は2枚目のアルバムに収録されているのだか、個人的には1枚目のアルバムの方が好きだ。

 

Everything Starts From This Town

Everything Starts From This Town

 

 

2枚目のアルバムと比較して、1枚目のアルバムはより粗削りで勢いがある。ほとんどの曲の長さが2分を切っていて、えげつないぐらいすぐに聴き終わる。12曲が収録されていて全部で18分。しかも、ぶっちゃけイントロいっしょやんけって曲もある。初めて聴いたとき「ん?」ってなったわ。でもまあ全部かっこいいんよ。コーラスがいい。投げやりで適当に聴こえるコーラスが逆に良い。エネルギーに溢れてる。beach boysとは正反対。

 

 

この一曲の短さと投げやりコーラスが癖になって、何回も聴き返してしまう。聴き返すたびに、やっぱりイントロが似てる曲が何個かあるよなと再確認する。それにしても、このCD音質悪くないですか?狙って悪くしているというよりは、シンプルに悪い気がする。かっこいいんだけども。でも、なんかそんなとこも許せるぐらいかっこいいからええか。ヤクルトのみなさんも、car10を聴いて元気出してください。

 

 

P.S.  car10のアルバムに対する良いレビューがあったんで、それについて書いてしまいました。

 

www.gissha.com