牛車で往く

日記や漫画・音楽などについて書いていきます 電車に乗ってるときなどの暇つぶしにでも読んでください

スポンサーリンク

DTMってデスクトップミュージックの略で和製英語なんやって(マルチネ・ボーカロイド・スクール)

最近、パソコンにBluetoothスピーカーを接続しても、スピーカーから音楽が流れてこない。接続自体はできるけど、出力デバイスとしてスピーカーを選択できない。なんやこれ。なんかwindows10になってから更新がうまくいかなかったりして、面倒なことが多い。そして、私の親父はBluetooth(ブルートゥース)のことをBluetruth(ブルートゥルース)という。何度訂正してもそう言い張る。もうね、新しい言葉を覚えるのがキツいんでしょうね。悲しいけどね。

 

自分はもっぱらウォークマン派であり、パソコンではソニーのソフトを使って曲を管理している。そしてソニーのソフトは、更新されるたびに、だんだん使い勝手が微妙になっていく。今現在使っているMusic Centerもあんまり好きじゃない。SonicStageがシンプルで一番よかったな。二年ぐらい前まではSonicStageで粘っていたけれど。それでも、今使っているBluetoothスピーカーはソニー製であるから、無線LANを経由してMusic Centerに入っている曲を流すことができる。これのおかげでBluetoothの調子が悪くても、かろうじてスピーカーで曲を聴くことができている。あとはMusic Centerのスマホアプリ版もあって、パソコンに入っている曲をホームネットワーク上で同期すれば、スマホからスピーカーを通してパソコンの曲を流すことができる。でも、このアプリも気まぐれで、たまにホームネットワークと同期できなくなる。また、ホームネットワーク上の曲はアルバムごとに分類されているんだけど、そのアルバムの中の曲はあいうえお順で並べられており、実際のアルバムに収録されている曲順とは異なる。こういう細かいところが気になる。

 

話は変わって、インターネット・レーベルであるMaltine RecordsのYouTube公式チャンネルから上がっている「マルチネ・ボーカロイド・スクール」という動画が面白い。

 

maltinerecords.cs8.biz

 

ボーカロイドシリーズの最新作「VOCALOID5」を使って、Maltine Records所属のトラックメーカーたちが楽曲を製作する工程を眺めるという動画だ。Maltine Records主催のtomadとトラックメーカーのokadadaが、PARKGOLF、Tomggg、Pa’s Lam System、パソコン音楽クラブらの作曲過程を見ながらコメントをしていく。あらびき団とかYOUは何しに日本へ?とかCDTVみたいな雰囲気。いやこの動物がうろうろしている感じ、他にもあった気がするなあ。もやもやする。何の番組やったっけ?あと関係ないけど、番組名の語感から雪舟えまの「タラチネ・ドリーム・マイン」を思い出した。

 

タラチネ・ドリーム・マイン

タラチネ・ドリーム・マイン

 

 

まあ細かいことは置いといて、こんな風に人が何かに真剣に没頭している様子を見るのって面白い。なんやろう、この無防備な感じ。おそろしく速い手刀じゃなくても首トンッてできそうなくらい隙だらけ。それぐらい集中してるってことなんやけど。そんな姿に普通に憧れてしまう。同じような感じで、NHKの漫勉も良かった。漫画を真剣に書いている様子が、ものすごく尊いことをしているように見えた。和風総本家の職人もいいね。自分は曲も作れないし、漫画も描けないし、伝統工芸品も作れない。だから、それらを生み出すときの苦労は全く分からないけれど、その苦労を上回る何かがあるのだろうか。カッコいいな。そして、PARKGOLFの曲を作っている様子、なんか笑えて好きやわ。和むねんな。グミ食べてるところがいいわ。顔がなんかキョトンとしてるからかな。

 

f:id:Cluster-B:20181203004100p:plain

 

グミとかポテチとかお菓子って、食べ始めは美味しいけどすぐに飽きるよね。でも、もう飽きて美味しくないのになぜか食べるのが止まらない。怖い。かっぱえびせんの「やめられないとまらない」もそれと一緒。もう味に飽きてるのにやめられないとまらない。ホンマに怖い。何でや。

 

あとは、やっぱりみんな夜行性なんかな。やっぱりっていうのも何やけど。映ってる窓とか暗いし。夜の方が曲作るときは捗るんやろか。夜は理性の影響が弱まるから、勢いで作れるんやろか。今回もパソコン音楽クラブが歌詞を考えるときに、ストロングゼロを飲んで理性をぶっ飛ばし、勢いをつけていた。

 

f:id:Cluster-B:20181203004052p:plain

 

あと普通にPa’s Lam Systemの人らが飽きてゲームしてたのも面白かった。お面もすぐに外してたしな。多分作曲って中々進まなくて大変なんやろうけど、みんな楽しそうで良かった。学校の授業でグループで発表作らなあかんけど、あんまりアイデアが出てこんくてグダグダしているうちに、もう外が暗くなっちゃったみたいな感じ。おいおい、もうこんな時間やで。また明日にしよ。一人一個アイデア持ってこいよ。絶対やぞって言って、全然アイデア持ってこんみたいな。ギリギリで何とも言えんやつひねり出すみたいな。みたいな。みたいな。

 

この4組のアーティストの中では、Tomgggの作った曲が1番好きだ。その曲はSoundCloudにアップされている。

 

 

でもどのアーティストも面白かったからシリーズ化してほしいな。4回じゃ物足りないよね。