牛車で往く

日記や漫画・音楽などについて書いていきます 電車に乗ってるときなどの暇つぶしにでも読んでください

スポンサーリンク

やすともは芸人界のビリケンさん

改めてM-1グランプリの影響力の大きさを感じる。最近は、上沼恵美子関連のニュースをよく目にする。とは言いつつも、会社でM-1を見ていたという人は意外と多くはなく、お笑いを好きな人だけがはしゃいでるだけなのかとも思う。自分もお笑いが好きだから、お笑い関連のニュースをよく目にするだけで、興味のない人からしたらどうでもいいのだろうか。M-1あんなに面白いのに見てないんかよ・・・って思っちゃうけど、私の知らない、今興味をもっていない面白いことも、世の中にはたくさんあるんだろうよ。

 

M-1が終わっても、M-1に関連するテレビ番組や動画を見ることでまだまだ楽しめる。

 


マヂカル野田が語る「M-1裸事件の真相」 よしログ

 

今年は惜しくも準決勝敗退であったが、敗者復活戦で「えみちゃん待っててね~」と、ちょっとだけテレビに映ることが出来たマヂカルラブリー。彼らも去年のM-1でえみちゃんにボロクソにいわれた一組。M-1において、えみちゃんに怒られた記念すべき一組目は2016年のカミナリである。しかし、翌年の2017年にはよくなったとほめられ、えみちゃんはカミナリを認めて丸く収まったように思えた。しかし、「続、第二章 マヂカルラブリー」とこの動画で本人たちが言っている通り、マヂカルラブリーが次の標的となるのである。標的って言い方は、自分で書いといてどうでしょうとは思うけれども。えみちゃんもね、怒りたくて怒ってるわけじゃないからね、多分。マヂカルラブリーが言っているように、あのときのえみちゃんはガチ怒りのように見えた。「よう決勝残ったな思って」ってホンマにきつい一言ですよね。そして最後に野田クリスタルが一矢報いようとして、上半身裸になろうとするくだり。その場面で会場のスタッフがざわつき、今ちゃんが野田クリスタルがカメラに映らないように位置を取った。野田クリスタルは上半身裸で筋肉を見せるだけのつもりだったが、一連の番組サイドの行動を受けて論理的に考えてみると、番組サイドは、野田クリスタルが全裸になって番組もろともぶっ壊そうとしているように感じたようだとのこと。村上の"自爆テロ"という表現が最高に面白い。10年やってきた芸人がポコチンを出すわけがないって、そりゃそうよ。確かにね、実際去年見てたらあんまり受けてなかったし、マヂカルラブリーを応援していた自分もこれはアカンなと思った。けれども、今年も準決勝まで勝ち上がり、キングオブコントにいたっては決勝に進出したマヂカルラブリーは最高ですよ。あらびき団でやってたラップバトルのネタすごい面白いし。マヂカルラブリーは漫才もコントもできる割と万能タイプの芸人ではないでしょうか。モンスターエンジンみたいに売れ切らん感じもするけど。ただ私はここでえみちゃんの文句を言ったとろサーモン久保田とスーパーマラドーナ武智を批判するつもりはない。そりゃ真剣にやってたら文句のひとつも言いたくなることはあるでしょうよ。まあ節々の表現には問題があったけど。

 

けど審査員のみなさんも会場の空気を読んだりとか、自分は好きやけどこれ高得点にしたらなあとか思ってあんまり点数上げられなかったこともあるんじゃないかなと。マヂカルラブリーのときとかね、希望的観測として。だから、自分の好みをゴリゴリ出して点数を付けるえみちゃんは、結構貴重な存在だなと。他の審査員が高得点を付けたジャルジャルに低い点数を付けたり、ミキが好きだといって高得点にしたり。ミキもそりゃ高得点もらえたら嬉しいだろうし、そもそも普通に面白いしね。渋谷すばるとお兄ちゃんの昴生のくだりなんてめちゃくちゃ笑った。ただ、前の記事にも書きましたけれども、芸人がアイドル的に見られているという現状も、劇場にお笑いを観に行けば納得できるわけで。やっぱり審査されるのって難しいよね。これはお笑いに限らず、音楽や漫画などの芸術作品においても、売れるのが正義なのかというジレンマはあるからね。一時期、邦楽ロック界隈において4つ打ちが流行ったときも問題になっていた。

 

なんやかんや書きましたけれども、やっぱり私は見取り図のことが好きなわけでして。今日、テレビ大阪で放送されていた「やすとものどこいこ!?」のゲストが見取り図の二人だった。

 

f:id:Cluster-B:20181209172754j:plain

 

関西に住んでいる方はご存知だと思いますが、「やすとものどこいこ!?」は、海原やすよ・ともこがゲストの芸人と買い物をするという番組だ。ただのおばちゃん二人が、めちゃくちゃしゃべりながら買い物をするだけの番組なのだが、なんか面白いんよな。一人暮らしを始めてから、今まで以上に「やすとものどこいこ!?」を真剣に見ている自分がいる。やすとものオススメした商品を買っちゃってる自分がいる。そして確かにいい商品。もう、やすともについて行きます。やすともを見るために学園祭にも行きました。今日放送されていたものは、M-1の決勝進出の結果が出る前に収録されていたものであり、見取り図の二人がゲン担ぎとして、やすともの二人にパンツを買ってもらっていた。実は去年、M-1前に「やすとものどこいこ!?」で、とろサーモンの二人がやすともにパンツを買ってもらって優勝しているのだ。見取り図盛山いわく、やすともは芸人界のビリケンさんみたいな存在になりつつあると。実際、見取り図もやすともにパンツを買ってもらって、決勝進出を果たしている。すげえぜ、やすとも。やすともってなんか幸せ引き寄せそうよな。っていうか不幸が寄ってこなさそう、元気やから。なんとなく。それに、やすともに選んでもらった服を着ていれば、芸人仲間にダサいと言われても、「この服やすともさんに選んでもらってんで」と言えば、みんな黙るらしい。ダイアンの津田なんか、やすともに選んでもらった服ばっかり着ているらしい。やすともは関西芸人界の裏のドン的な存在になっているんだろうか。でも、今日放送されるTHE MANZAIにもやすともは出るし、関東芸人からしても面白い芸人として評価されているんだろうな。本人たちは関西から出る気、一切なさそうやけど。そしてやっぱり、見取り図のワードセンスが私は好きだ。リリーが帽子をかぶった盛山を見て「変態米米CLUB」と言ったり、反対に盛山が帽子をかぶったリリーを見て「ドモホルンリンクルの工場の人」と言ったり、表現が絶妙だ。売れてくれ!見取り図!盛山がしれっと、ようわからんラップの曲出してるけど。

 


2/7より見取り図 盛山「ショーバン」が各配信サイトより配信開始

 

正直何とも言えん曲やなと思うけど、もう何でもいいから売れてくれ見取り図。わたしは見取り図が好きだ。