牛車で往く

日記や漫画・音楽などについて書いていきます 電車に乗ってるときなどの暇つぶしにでも読んでください

スポンサーリンク

センター試験とお尻のデキモノとマスクの匂い

f:id:Cluster-B:20190108222350j:plain

 

もう年末ですね。思い出すのは高校3年生のときのセンター試験対策講座。研修センターみたいなところに30、31日と2日間缶詰めにされて、ひたすらにセンター試験模試を解いた。ずっと座っていたからか、1日目の午後に右のお尻にデキモノができた。マジかよ、まだ1日目やぞ、めっちゃ痛いやんってなった。そこから右のお尻をかばうようにして、左のお尻に重心を置いて座った。まるで屁をすかす瞬間のような体勢を取り続けたのだ。すると2日目の朝、今日でセンター試験対策も終わりだと思いながら椅子に座ると、左のお尻に違和感が走った。そう、昨日の午後から我々の自重を全て受け止めていた左のお尻にデキモノが出来ていたのだ。右のお尻のみならず、左のお尻まで・・・。もうおれのお尻はボロボロ。センター試験対策を受けるために、彼らは犠牲になったのだ。彼らの犠牲を無駄にしないためにも残り1日、全力でセンター試験対策をするぞ!とはならずに、全然集中出来ずに終わった。無理無理。だって両方のお尻にデキモノあるねんもん。普通に帰りたくなった。センター試験対策で学んだことは、勉強するときは座りっぱなしだとお尻にデキモノが出来て大変だから、合間にはストレッチしようということと、基本自分の重心は右に傾いているということだった。姿勢に気をつけよう。そして、本番にお尻にデキモノが出来ないように祈ろう。本番には綺麗なお尻で無事に受験することが出来ました。そして、受験生のときに風邪予防でずっとマスクをつけていたから、未だにマスクをつけると受験を思い出す。マスクの匂いは受験の匂い。

 

今年はなんか年末感が全然来ないなと思っていたけれど、吉本楽屋ニュースを見て、ああ年末かとやっと思えた。怒涛のお笑い番組特番の連続が年末年始なのである。楽屋ニュースではやっぱり、コロチキのナダルとかシャンプーハットのてつじとかダイアンの津田とかが面白い。でもやっぱり期待感が凄いのは、ダイアンの西澤です。西澤に話が振られて話し始めたら、もうなんか面白そうな気がする。面白い予感がする。そして、しっかり面白い。東京に行く前に、最後に武将様のシチューが食べたい話、ええ歳したオッサンやのに少年みたいで可愛かった。そして、司会の今ちゃんね。今ちゃんはやっぱり、今ちゃんが一番先輩の立ち位置にいる番組のときが一番面白い。誰にも気を使わずに色んな人をいじるときの今ちゃんは最高だ。ぶっちゃけお笑い向上委員会みたいに、さんまとかおるときは気を使ってんなあって思うもんな。まあ楽屋ニュースにも八方師匠おったけどな。それはまあ例外やん。今ちゃんの実はでもそうやし。八方師匠はいける師匠。ていうか、個人的にさんまが苦手なだけかもしれん。お笑いにおける聖域的な感じがし過ぎてる気がする。

 

そして次の日はあらびき団を見ていました。あら-1グランプリを優勝したスルメ、流石のあらびき芸。まだまだおるもんやね。あのあらびき団特有の何見させられてるんやろうって感じと、ちょっと大丈夫なんかこの人っていう若干のヒヤヒヤ感と、木霊するライト東野の大きな笑い声と、レフト藤井の割と落ち着いて見ている様子。東野がバカウケしてたら、なんかこっちも笑ってまうねんな。というか、東野この芸人絶対好きやろとか考えながら見てしまう。あらびき団は、やっぱりリアルタイムで見るべき番組や。というか、一回録画したあらびき団を昼間に見たら、全然面白くなかった。体力ゲージマックスのときに見たらあかんわ。赤ゲージで点滅してるときに見な、笑わんということを知った。深夜のあのちょっと疲れて正常な判断を下せない状態じゃないと。そして、やっぱりかが屋好きやなあと思ったし、三福エンターテインメントの自己紹介も面白かった。

 


『格好つけてタクシー停める男 / 三福エンターテイメント』|mysta YouTube

 

あと同じWコージーの今ちゃんはM-1の司会やってるのに、俺はあら-1とかどういうことやねんと言っていた東野が面白かった。Wコージーは最高に面白いから、やりすぎコージー復活してくれ。毛ジラミの話また聞かせてくれ。今ちゃんはまだ先輩に気を使ってる感じあるけど、東野の方は多少そういうのブッ壊れてる感じがして、そこがまた良い。テレビ東京系列でWコージーの番組が復活することを祈る。