牛車で往く

日記や漫画・音楽などについて書いていきます 電車に乗ってるときなどの暇つぶしにでも読んでください

スポンサーリンク

男子トイレの横から丸見えの小便器を考えた者は悪魔

男子の小便器というものは汚れやすいものなのだろう。だからスーパーマーケットなどの男子トイレでは、小便器の前の壁にトイレを汚されないように工夫された張り紙が貼られている。「もう一歩前へお寄り下さい」といったシンプルなものや、「いつも綺麗に使っていただきありがとうございます」と書かれてある我々の良心を信じていますよといったプレッシャースタイルのものなど様々だ。

 

f:id:Cluster-B:20190317234329j:plain

 

だけれども我々男子は、基本的にちゃんと前に詰めて用を足している。しかしそれは残念ながら便器を汚さないようにという感情から来る行動ではない(いや基本的に汚さないというのは大前提としてあるが)。それは横のやつにチンコを見られたくないからだ。まれに距離感が分からなくなったのかもしれないおじいちゃんが、小便器に対してかなりの遠距離攻撃を仕掛けている様子を見かけることはあるが、基本的にほとんどの男性はちゃんと前に詰めて用を足す。それでも昔、トリビアの泉であったように男性の小便は意外と撥ねてしまうものであり(あれは確か洋式の大便器での話ではあったが)、便器の周りが汚れるのは仕方ないことなのかもしれない。まあとにかく、動機はどうあれ我々男性陣は、とりあえずは前に詰めて用を足すようにはしているのだ。

 

しかし、そんな私たちを信用していない者が生み出した最悪の小便器がある。

 

f:id:Cluster-B:20190317234327j:plain

 

もう最悪だ。なんやこのかぐや姫が中で光ってそうな横の人から丸見えのデザイン。横の人から見えるのが嫌で我々は前に詰めざるを得ないといった悪魔のような発想から生まれた悪魔的兵器。これをデザインしたものは決して許されるべきではない。これをデザインした人は男なんだろうか。もし同じ男性だとしたら信じられない。パーソナルスペースといった概念をもっていないんだろうか。ちなみに普通の小便器はこんなデザインだ。

 

f:id:Cluster-B:20190317234822j:plain

 

こちらの小便器であれば、前に詰めることでサイドの壁によって自分のチンコが横の人から見えるのを防ぐことができる。

 

こんな横から丸見えのナジーム・ハメドのようなノーガード戦法が許されるのは才能のあるものだけだ。俺たちはいつでもガードを高く固めてきた。それは自身のチンコに自信がないからだ(世の男性を勝手に巻き込んで"俺たち"と書いてしまったが、自信がないのはわたしだけではないと信じたい)。この便器をデザインした人は、横の人から見られても恥ずかしくないくらいチンコがでかいんだろうか。才能のある恵まれた者なのだろうか。

 

それにしてもなんで小便をするときはあんなに周囲のことが気になるのだろう。銭湯でチンコを見られるのは別に恥ずかしくないし、学生のときはチンコを出しただけでスターになれた。けれども小便をするときだけは、チンコを見られたくない。用を足そうとしているとき、後ろに人に立たれただけで、緊張して全く小便が出てこなくなる。用を足すときは無防備だからあんなに緊張するんだろうか。防衛本能が働くからなのだろうか。たまに小便をしているときに後ろから知らない人に殴られたら絶体絶命だなと思うときがある。

 

あと、トイレの中はなんとなく気まずい。用を足しているときに、隣に先輩が来ると挨拶するべきかどうかためらってしまう。その逆で、先輩が用を足していて後から自分が入った場合も然り。廊下などですれ違うときは特に何も考えることなく挨拶をするが、トイレの中だとなんとなく挨拶がしづらい。あれなんなんだろう。あれもなんとなく小便をしているときは無防備だから、極力接触しないようにしたほうがいいと潜在的に思っているからなのだろうか。唯一例外として、居酒屋のトイレで横に並んだときだけ、今日の飲み会の中間報告という会話が発生する。酔いは色んなもののハードルを下げてしまう。

 

しかし、素面のときに高く上げているわたしのガードを、いとも簡単にかいくぐり懐に入ってくる人物がいる。それがトイレ掃除のおばちゃんだ。彼女たちはわたしが用を足していても、何も気にせず元気に挨拶をしながら入ってくる。いちいち気にしていたら自分の業務を全うできないしね。そしてわたしも、彼女たちに対してだけは明るく挨拶を返すことができる。まるで太陽のような存在。掃除のおばちゃんいつもありがとう。

 


スピッツ / 君は太陽