牛車で往く

日記や漫画・音楽などについて書いていきます

スポンサーリンク

たい焼き屋を探し求めてさまよう夜(ドキュメント72時間「冬の東京 たい焼きエレジー」)

今日のドキュメント72時間。 www.nhk.or.jp たい焼きエレジー。エレジー・・・。哀歌・・・。たい焼きの下にエレジーが付くもんでしょうか。 今回の舞台は、東京四谷の大通りから外れたところにあるたい焼き屋。そんなたい焼きやに来た人たちの人生のドラマ…

ニューヨークヤンキースの意味は、ニューヨークの不良たちではない

ヤンキーは怖い。そんなヤンキーたちの集まり、ニューヨークヤンキースはもっと怖い。そう思っていた時期がわたしにもありました。だって、New YorkのYankeesやからね。 日本で使うヤンキーとアメリカでのヤンキーは意味が異なるそうな。 ・日本 不良のこと …

おいおい、不良が挨拶しただけでなぜ「いい子やわ」というのだオカンよ

生きていたら、どうも腑に落ちないことに出会う。そのひとつとして、不良が挨拶をするといい子に見えるというものがある。全然納得できない。なぜ挨拶をしただけで、こうも評価が逆転するのか。オセロでもあるまいし。一発逆転が過ぎる。そもそも彼らは普通…

丁寧に描かれた細部に神が宿りまくり(panpanya「グヤバノ・ホリデー」)

panpanyaの新刊「グヤバノ・ホリデー」。 グヤバノ・ホリデー 作者: panpanya 出版社/メーカー: 白泉社 発売日: 2019/01/31 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 日本では手に入れることが難しい果物、グヤバノを探し求めたフィリピンへの旅行記…

中学時代の思い出は永遠に覚えている(ワクサカソウヘイ「中学生はコーヒー牛乳でテンション上がる」)

まだまだ大人じゃない、だけれども少しずつ大人には近づいているという時期、中学生。そんな中学生たちの面白おかしい生態を、脚本家であり、コント作家でもあるワクサカソウヘイが書いたこの本。 中学生はコーヒー牛乳でテンション上がる 作者: ワクサカ ソ…

らんま1/2の主題歌はいい曲が多い(チバマコト「失恋はつかれる / 川崎真理子 カバー」)

最近はこの曲を猛烈にリピートしまくっている。 チバマコトの「失恋はつかれる」。「失恋はつかれる」は川崎真理子が1993年に発表した楽曲。何を隠そうこの楽曲、マッキーこと槇原敬之が「木下鉄丸」という人物に名義を変えて編曲を行っている。マッキーがな…

羽毛布団の強さ(暖かさ)、それはダウンパワー(DP)で表される

寒い。とにかく寒い。寒さは暑さに比べて痛みが伴うから嫌いだ。まだ暑い方がいい。冬よ終われ。春よ、来い。遠き春よ。早く来い。 そして、こんなにも寒いので羽毛布団を買ってしまいました。あったかい。ところで羽毛布団の暖かさを表す指標があることはご…

クリスマスソングの幸福感がいいから未だに聴いてる(OK?NO!!「XmasSong」)

先週の土曜日、日曜日はすごく寒かった。土曜日なんてお昼から雪が降って、夜には車のボンネットの上に雪が積もるほどであった。やっぱり1月、2月が1年で寒さのピークを迎える時期だなと思う。冬のイベントと言えばクリスマスであるが、クリスマスの日に雪が…

Vampire Weekendのボーカルってフェデラーに似てるよね(Vampire Weekend「Harmony Hall / 2021」)

Vampire Weekendの新曲が2曲発表された。なんでも年内に新しいアルバム「Father Of The Bride」をリリースするらしく、 3ヵ月にわたって2曲ずつアルバム収録曲を発表していくようだ。ボーカルのエズラのインスタグラムによれば、アルバムには18曲収録される…

ジュリアン・カサブランカスもお腹が痛くなることがあるんだろうか(The Voidz「Leave It In My Dreams」)

一年に二回ぐらい原因の分からない腹痛に襲われることがある。前日に暴飲暴食をしたわけでもなく、賞味期限切れの食材を食べたわけでもなく、ましてや体調不良でもない。それなのに猛烈な耐えられないほどの腹痛に襲われることがある。もう原因が分からない…