牛車で往く

日記や漫画・音楽などについて書いていきます 電車に乗ってるときなどの暇つぶしにでも読んでください

スポンサーリンク

漫画

そういえばモノポリーってしたことがない(Alfred Beach Sandal「モノポリー」)

朝の通勤途中、公園に小学生たちが集まっている様子をよく目にする。なんといっても彼らは絶賛夏休み中だからね。朝からみんなで集まって遊ぶのって楽しかったよな。お昼に一回解散して、ご飯食べてからもう一回集まるとかあったな。あのころはお昼ご飯を外…

キャラの言動、会話がめちゃくちゃいいガールミーツボーイ漫画(田島列島「子供はわかってあげない」)

3日前ぐらいから蝉の鳴き声が聞こえ始めた。そして昨日ぐらいから本格的に暑くなってきた。やっと夏本番が始まったのだろうか。思えば、今年の5月あたりはまだ春なのに夏かよって思うぐらい暑い日が続いた。『5月でこれとか夏が怖いな。』と思っていたけれど…

感動するというよりは気づくという感じ(オカヤイヅミ「ものするひと」)

オカヤイヅミの「ものするひと」という漫画を買った。 ものするひと 1 (ビームコミックス) 作者: オカヤイヅミ 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2018/03/12 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 30歳の小説家の日常を描いたこの作品。本屋で見…

なんといってもみつみちゃんの顔が趣深い(高松美咲「スキップとローファー 1巻」)

高松美咲さんの「スキップとローファー」を買いました。 スキップとローファー(1) (アフタヌーンKC) 作者: 高松美咲 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2019/01/23 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 石川県の田舎から東京の進学校に入学するこ…

シティポップって結局どんなジャンルやねん(Sugar's Campaign「City Pop」)

シティポップがどういったものかを知りたくてここに訪れた方、申し訳ないがここにはそういったものは一切記載されていないので、お戻りください。私も教えてほしいです。 つい最近公開されたSugar's Campaignの楽曲、「City Pop」がめちゃくちゃいい。 Sugar…

熊倉献の「生花甘いかしょっぱいか」があっさり終わってしまって悲しい

熊倉献のウェブ漫画、「生花甘いかしょっぱいか」が終わってしまった。悲しい。 comic-days.com 終わり方がなんともあっさりしていて、少し物足りない感じがしたが、それでも全体を通して面白かった。主人公の相田君の変なポイントでときめいてしまうところ…

夜の時間を持て余しているから散歩に行きたい(台風クラブ「相棒」)

この前の月曜日から完全に春が来た感じがする。それまでは少し肌寒い夜もあったが、今はもう夜も涼しいくらいだ。桜の花はもう散ってしまい、それに代わって恐ろしいほどのスピードで緑の葉が茂っている。桜って散ってからこんなにすぐに葉っぱが生えるんや…

ニューヨークヤンキースの意味は、ニューヨークの不良たちではない

ヤンキーは怖い。そんなヤンキーたちの集まり、ニューヨークヤンキースはもっと怖い。そう思っていた時期がわたしにもありました。だって、New YorkのYankeesやからね。 日本で使うヤンキーとアメリカで使うヤンキーは意味が異なるそうな。 ・日本 不良のこ…

おいおい、不良が挨拶しただけでなぜ「いい子やわ」というのだオカンよ

生きていたら、どうも腑に落ちないことに出会う。そのひとつとして、不良が挨拶をするといい子に見えるというものがある。全然納得できない。なぜ挨拶をしただけで、こうも評価が逆転するのか。オセロでもあるまいし。一発逆転が過ぎる。そもそも彼らは普通…

丁寧に描かれた細部に神が宿りまくり(panpanya「グヤバノ・ホリデー」)

panpanyaの新刊「グヤバノ・ホリデー」。 グヤバノ・ホリデー 作者: panpanya 出版社/メーカー: 白泉社 発売日: 2019/01/31 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 日本では手に入れることが難しい果物、グヤバノを探し求めフィリピンへと向かった…

非日常の世界へと逃げ込んだり、迷い込んだり(衿沢世衣子「ベランダは難攻不落のラ・フランス」、panpanya「足摺り水族館」)

年末年始は実家に帰ってゆっくりできる。掃除も洗濯も料理もしなくていいのが楽で仕方がない。時間があるということで、衿沢世衣子の「ベランダは難攻不落のラ・フランス」とpanpanyaの「足摺り水族館」を買って読んだ。 ベランダは難攻不落のラ・フランス (…

コウテイとandymoriと色んな作品に対するレビューについて

文庫版Dr.スランプ3巻に収録されている「サイレント ナイト ドリーム」というエピソードがめちゃくちゃ好きだ。このエピソードは基本的にセリフがなく、絵だけで話が進んでいく。千兵衛博士がみどり先生とデートをしている夢を見ていると、夢の中でアラレち…

ワールドトリガー、待望の新刊19巻にまん腹です

クリスマスが近づいてきた。クリスマスソングは幸せな気持ちになれるからいいよね。最近は、まん腹のこの曲をよく聴いている。 可愛い曲。シャンメリー好きだったな。何の味なんか全然分からんけど飲んでた。でも、やっぱり最強のクリスマスソングはマライア…

おれはポケモンよりもデジモン派、特にテントモン派

自分はポケモンよりもデジモン派だ。ポケットモンスターよりもデジタルモンスター派。ポケモンは銀バージョンで辞めてしまった。ルギアもゲットせずに倒してしまった。ライコウ、エンテイ、スイクンには一度も出会わなかった。ただ、この攻略本を読むのは好…

ザイオン・ウィリアムソンのソンってどういうソン?

八村塁選手の所属するゴンザガ大学が、アメリカの大学のトーナメント「マウイ・インビテーショナル」で優勝して、八村選手はMVPを獲得した。すごいね。 basketballking.jp 全然知らんけど、対戦相手のデューク大学はめちゃくちゃ強くて、スター選手だらけや…

ミーハーだけどもバスケは面白い、特にウィンターカップ

最近バスケットボール界が賑わっていますね。渡邊雄太選手のNBAデビュー。 2-way契約というよく分からん契約でメンフィス・グリズリーズに入団。2-way契約とは、15人の選手枠以外で若手選手を2人まで追加できる制度のようだ。基本はNBAの下部リーグであるGリ…

ユニクロのフリースのCM曲を教えてくれる師匠が欲しい

誰でもいい。誰でもいいから、ユニクロのフリースのCMの曲を教えてください。 フリース UNIQLO 2018Fall/Winter このAvalanchesっぽいのは誰の曲なんだろう。なかなかにいい曲。調べても、みんなAvalanchesっぽくて気になるということしか出てこない。私も同…

待ちに待ったワールドトリガー連載再開

ワールドトリガー連載再開するんだってね。めちゃくちゃうれしいよ。葦原先生お帰りなさい。この前、ブログにいつ帰ってくるのかと書いたばっかやったから、タイムリーでなおさらうれしい。 www.gissha.com ヒュースがチームに入ったところで、私の記憶は止…

ねずみ男にはなりたくない(龍谷ミュージアム 特別展「水木しげる 魂の漫画展」)

京都にある龍谷大学の龍谷ミュージアムにて開催されている「水木しげる 魂の漫画展」に行ってまいりました(詳細はこちら:龍谷ミュージアム 特別展「水木しげる 魂の漫画展」)。水木先生の描くキャラはすごく愛嬌があって、かわいい。口がいいよね、口が。…

村越に捧げるこのナンバー(NHK「のぞき見ドキュメント 100カメ」)

9月にやってたNHKの番組「のぞき見ドキュメント 100カメ」を録画したものを、いまだに何回も見直してる。この番組では、週刊少年ジャンプ編集部にカメラを100個設置して、ジャンプ編集部の生態を観察していた。そこに出てくるジャンプ編集部の人たちが、みん…

読んだら友達と会って無駄話したくなる日常系漫画(平方イコルスン「うなじ保険」)

平方イコルスン3年5ヵ月ぶりの作品集。やっと出た。 うなじ保険 作者: 平方イコルスン 出版社/メーカー: 白泉社 発売日: 2018/09/28 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 平方イコルスンの作品の魅力は、なんといってもキャラ同士の会話だ。多く…

鳥山明 「Dr.スランプ 文庫版 1」

世間では今、ドクターといえばXの方だと思うが、私はドクタースランプにハマっている。今更やけども。 Dr.スランプ (1) (集英社文庫―コミック版) 作者: 鳥山明 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 1995/07/01 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 16回 この商…

ぼんくらは漢字で書くと盆暗(熊倉献「生花甘いかしょっぱいか」)

熊倉献さんが新しい漫画を描いている!!待ってましたよ。葬儀屋でアルバイトをしているぼんくら男子が不思議女子に恋をするというストーリー。ぼんくら・・・。 熊倉献さんを知ったのは本屋で表紙買いした「春と盆暗」。 春と盆暗 (アフタヌーンKC) 作者: …

松本大洋複製原画展〜デビュー30周年記念〜

行ってきました、松本大洋複製原画展。梅田ロフトの5階でかなりこじんまりと開催されていた。複製原画と聞いて、漫画の原稿の複製が見れる思っていたら、イラストしか展示されていなかった。ちょっとガッカリ。 ガッカリと言いながらも撮影自由だったので興…