牛車で往く

日記や漫画・音楽などについて書いていきます 電車に乗ってるときなどの暇つぶしにでも読んでください

スポンサーリンク

そういえばモノポリーってしたことがない(Alfred Beach Sandal「モノポリー」)

朝の通勤途中、公園に小学生たちが集まっている様子をよく目にする。なんといっても彼らは絶賛夏休み中だからね。朝からみんなで集まって遊ぶのって楽しかったよな。お昼に一回解散して、ご飯食べてからもう一回集まるとかあったな。あのころはお昼ご飯を外…

旅行代理店の前を通るときの気持ちと、うしろのほうの海

旅行代理店の前を通るたびに、店の前に出されている様々な旅行先のパンフレットが気になってしまう。そして、旅行に行けたとして年に最大2~3回ぐらいかなあと考えると、この先いろんなところに旅行に行くためには全然時間が足りないじゃないかと思う。この…

キャラの言動、会話がめちゃくちゃいいガールミーツボーイ漫画(田島列島「子供はわかってあげない」)

3日前ぐらいから蝉の鳴き声が聞こえ始めた。そして昨日ぐらいから本格的に暑くなってきた。やっと夏本番が始まったのだろうか。思えば、今年の5月あたりはまだ春なのに夏かよって思うぐらい暑い日が続いた。『5月でこれとか夏が怖いな。』と思っていたけれど…

夏風邪が呼び起こした大学生のころの暇な昼間の記憶(The Beach Boys「California Feelin'」)

先週、風邪をひいてしまった。夏風邪なんて初めてかもしれないくらい、この時期に風邪をひいた記憶がない。なんでも咳が止まらないタイプのものであった。ということで、一日会社を休んで病院へと行った。私は基本的に仕事なんて好きじゃないから、風邪をひ…

虫の入ってこない正しい窓の開け方におれは感動している(スカート「静かな夜がいい」)

夏が近づいてきて蒸し暑い夜に、部屋に風を入れるために窓を開ける。網戸越しに風が入ってくる。ああ、まだクーラーは使わなくても、窓を開けるだけで十分涼しいなあ、なんて考える。クーラーは去年使い終わってからまだ掃除をしていない。もし急に暑くなっ…

夜の松屋からの古本屋で漫画立ち読みのコース(Homecomings「Somehow, Somewhere」)

この前、友人と買い物に行った帰り、晩ごはんを食べに行きつけの松屋に行った。行きつけの松屋って表現、なんだか変な感じやけども。私、松屋が大好きでございまして、その日はブラウンソースハンバーグ定食を食べようと心に誓い、足を運びました。夜の9時を…

感動するというよりは気づくという感じ(オカヤイヅミ「ものするひと」)

オカヤイヅミの「ものするひと」という漫画を買った。 ものするひと 1 (ビームコミックス) 作者: オカヤイヅミ 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2018/03/12 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 30歳の小説家の日常を描いたこの作品。本屋で見…

月が綺麗だなんて本当になんの影響も受けずにそう思えたかい?

夜空に浮かぶ月がふと視界に入ったときに「綺麗だなあ」と思うことがある。月の綺麗さに心が奪われて、一瞬だけ俗世から解脱できる。でもちょっと待ってくれ。自分はいつから月が綺麗だなんて思うようになったのだろうか。 確実に言えるのは、高校生のころは…

歌の出だしがスッと入ってくる楽曲たち(シャカラビッツ「モノローグ」)

金曜日にたまに誘われて飲みに行くことがある。で、飲みすぎるじゃないですか。そして終電間際の電車に乗って、家に帰ってきてしんどいからそのまま寝る。あんまりお酒が強くないので、2時間おきぐらいに目が覚めてはまた眠るということを3、4回繰り返す。気…

なんといってもみつみちゃんの顔が趣深い(高松美咲「スキップとローファー 1巻」)

高松美咲さんの「スキップとローファー」を買いました。 スキップとローファー(1) (アフタヌーンKC) 作者: 高松美咲 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2019/01/23 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 石川県の田舎から東京の進学校に入学するこ…

シティポップって結局どんなジャンルやねん(Sugar's Campaign「City Pop」)

シティポップがどういったものかを知りたくてここに訪れた方、申し訳ないがここにはそういったものは一切記載されていないので、お戻りください。私も教えてほしいです。 つい最近公開されたSugar's Campaignの楽曲、「City Pop」がめちゃくちゃいい。 Sugar…

結局モスバーガーはチリドッグが最強(カネコアヤノ「ホームシックナイト ホームシックブルース」)

5月なのにちょっと暑すぎやしませんでしょうか。私の住んでいるところは昨日、気温が33ºCほどあったらしい。梅雨もまだ来ていないのに、こんなに暑いなんてクレイジーだぜ。平方イコルスンの「スペシャル」で、伊賀とさよちゃんが、今年の夏は暑くするのが下…

熊倉献の「生花甘いかしょっぱいか」があっさり終わってしまって悲しい

熊倉献のウェブ漫画、「生花甘いかしょっぱいか」が終わってしまった。悲しい。 comic-days.com 終わり方がなんともあっさりしていて、少し物足りない感じがしたが、それでも全体を通して面白かった。主人公の相田君の変なポイントでときめいてしまうところ…

Google ChromecastじゃiPhoneはミラーリング出来ないしMedia Accessは対応してないしで、てんやわんやですよ

私は一人暮らしをしているのだが、家にレコーダーを持っていない。だからテレビ番組を録画できない。と思いきや出来るんですよ、それが。今の時代は大変便利である。パナソニックのMedia Accessというスマホアプリ。これがもう便利すぎる。 av.jpn.support.p…

ハトとスズメはハトのほうが少し賢い気がする(キリンジ「五月病」)

最近川の土手を自転車で走っていたら、生い茂っている草と舗道の境目、草際とでも言おうか、そこにミミズの死骸がめちゃくちゃ落ちているのを目にする。 怖い。何が起きているんだ、ミミズたちに。と思っていたら、その草と舗道の境目にスズメが数羽いるでは…

鎌倉高校前駅にはとんでもない数の観光客がいました(神奈川旅行 3日目後半)

神奈川旅行3日目の後半戦。 www.gissha.com 友人が鎌倉高校前の踏切に行きたいということで、江ノ電に乗るために江ノ島駅へと向かう。江ノ島駅に到着すると改札を通らずとも分かるぐらい恐ろしいほどの人だかりが。これがゴールデンウィークか・・・。江ノ電…

江ノ島にかかる橋を歩いている時点でもう楽しい(神奈川旅行 3日目前半)

神奈川旅行の最終日、3日目について書きます。 www.gissha.com www.gissha.com 1日目、2日目とあいにくのお天気でしたが、3日目はようやく晴れてくれました。それにしても楽しい時間はあっという間である。もう最終日。鎌倉観光は楽しみだけれど、終わってし…

網代温泉で鯛の煮付けが食べたくて食べたくて(神奈川旅行 2日目)

前回に引き続き、神奈川旅行2日目について書いていきます。 www.gissha.com 2日目は午前中に日帰り温泉に入って、ご飯を食べてゆっくりしようということになり、午前から開いている温泉を調べてみると網代温泉が見つかった。神奈川旅行と書いたもののいきな…

雨の横浜中華街はまさに北京ダックの世界観(神奈川旅行 1日目)

ゴールデンウィークの中盤に神奈川県へと2泊3日の旅行に行ってきました。 まず旅行前日。天気予報を調べてみると、前半の2日間は雨の予報。もうこの時点で少しテンションが下がってしまう。10連休のよりによって旅行に行く2日間がピンポイントで雨。何してく…

夜の時間を持て余しているから散歩に行きたい(台風クラブ「相棒」)

この前の月曜日から完全に春が来た感じがする。それまでは少し肌寒い夜もあったが、今はもう夜も涼しいくらいだ。桜の花はもう散ってしまい、それに代わって恐ろしいほどのスピードで緑の葉が茂っている。桜って散ってからこんなにすぐに葉っぱが生えるんや…

満塁ホームランを1試合で2本も見れるなんて貴重な体験ができたと思うことにする

最近気候がいい、外に出たい。ということで甲子園へ阪神タイガースと中日ドラゴンズの試合を観に行ってきました。 阪急電車、阪神電車に乗って1時間近くかけて甲子園へ。電車の中では読書がはかどる。家にいると意外と読書が進まない。ついついYouTubeを見ち…

桜は昼に見たほうがいいのかもしれない(二条城 桜まつり2019)

この前、NHK BSプレミアムの「ニッポン印象派」を見てからというもの夜桜を見に行きたくなった。 www.gissha.com ということで土曜日に京都の二条城へ夜桜を見に行ってきました。二条城では今、桜まつりなるものが催されており、夜の6時から9時までの間、夜…

ピンク色の桜は陽光桜(細野晴臣「恋は桃色」)

今日、お昼ごはんを買いに行く途中の道で、めちゃくちゃ綺麗な桜が咲いていたのに気がついた。今年初めて目にした桜かもしれない。 こちらの桜は神代曙(じんだいあけぼの)という品種のようだ。そしてその隣には、もう一本桜の木が植えられていた。 こちら…

清見オレンジと芥川龍之介の「蜜柑」

冬は寒くていやだ、早く春になってほしいと散々このブログに書いておきながら、いざ冬が終わってしまうと思うとなんだか名残惜しい。なんて勝手なことをいっているんだと自分でも思うが、いやな思い出もいつかは笑い話になるがごとく、寒い冬の辛さはあまり…

夜桜に誘われて春の宵の散歩に出かけよう(ニッポン印象派「東京 春の宵」)

NHKのBSプレミアムで放送されていた番組、ニッポン印象派の「東京 春の宵」が素晴らしかった。 www4.nhk.or.jp 番組冒頭、中国の詩人である蘇東坡の残した詩の一節「春宵一刻値千金」が紹介されていた。春の宵のひとときは素晴らしく、どんな千金にも代えが…

川沿いの土手を自転車で走るのが心地よくなってきた今日この頃(1983「Summer Mirage」)

今さら存在を知ったバンド、1983(イチキュウハチサン)のこの曲が良すぎる。 1983『サマーミラージュ』 (OFFICIAL MUSIC VIDEO) 出だしの歌詞の 川を渡る陸橋を走るブルートレイン Slow Step Coming の部分が恐ろしいほど自然にスルッと入ってくる。なんて…

眼科の気球が見える検査とコンタクトデビューの難しさ(in the blue shirt「Fork in the Road」)

最近、in the blue shirtことアリムラ氏がセカンドアルバムの発売を控えて、収録曲をシングルの形で公開してくれている。 アルバム先行シングル第二弾、"in the blue shirt - Fork in the Road" 2019/3/29にデジタル配信開始です。in the blue shirt初のバン…

思考する時間においてのみ人生は自分に近づいてくる(保坂和志「人生を感じる時間」)

小説家の保坂和志が人生について考えたこの本。 文庫 人生を感じる時間 (草思社文庫) 作者: 保坂和志 出版社/メーカー: 草思社 発売日: 2013/10/02 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 保坂さんの考えを書いた本には共感することが多い。そし…

イチボとマルシンとラムシンの違いが分かるダバダーな男になりたい

最近は徐々に暖かくなってきて、夜に外出したくなってきた。そんなこととは全く関係なく、この前、会社の同僚と肉バルに行ってきました。100g単位で牛の色んな部位のお肉を注文できる。が、しかし、部位を書かれたところで、どこがどんな味でその部位が硬い…

男子トイレの横から丸見えの小便器を考えた者は悪魔

男子の小便器というものは汚れやすいものなのだろう。だからスーパーマーケットなどの男子トイレには、小便器の前の壁にトイレを汚されないように注意する張り紙が貼られている。「もう一歩前へお寄り下さい」といったシンプルなものや、「いつも綺麗に使っ…