牛車で往く

日記や漫画・音楽などについて書いていきます 電車に乗ってるときなどの暇つぶしにでも読んでください

スポンサーリンク

満塁ホームランを1試合で2本も見れるなんて貴重な体験ができたと思うことにする

最近気候がいい、外に出たい。ということで甲子園へ阪神タイガースと中日ドラゴンズの試合を観に行ってきました。 阪急電車、阪神電車に乗って1時間近くかけて甲子園へ。電車の中では読書がはかどる。家にいると意外と読書が進まない。ついついYouTubeを見ち…

桜は昼に見たほうがいいのかもしれない(二条城 桜まつり2019)

この前、NHK BSプレミアムの「ニッポン印象派」を見てからというもの夜桜を見に行きたくなった。 www.gissha.com ということで土曜日に京都の二条城へ夜桜を見に行ってきました。二条城では今、桜まつりなるものが催されており、夜の6時から9時までの間、夜…

ピンク色の桜は陽光桜(細野晴臣「恋は桃色」)

今日、お昼ごはんを買いに行く途中の道で、めちゃくちゃ綺麗な桜が咲いていたのに気がついた。今年初めて目にした桜かもしれない。 こちらの桜は神代曙(じんだいあけぼの)という品種のようだ。そしてその隣には、もう一本桜の木が植えられていた。 こちら…

清見オレンジと芥川龍之介の「蜜柑」

冬は寒くていやだ、早く春になってほしいと散々このブログに書いておきながら、いざ冬が終わってしまうと思うとなんだか名残惜しい。なんて勝手なことをいっているんだと自分でも思うが、いやな思い出もいつかは笑い話になるがごとく、寒い冬の辛さはあまり…

夜桜に誘われて春の宵の散歩に出かけよう(ニッポン印象派「東京 春の宵」)

NHKのBSプレミアムで放送されていた番組、ニッポン印象派の「東京 春の宵」が素晴らしかった。 www4.nhk.or.jp 番組冒頭、中国の詩人である蘇東坡の残した詩の一節「春宵一刻値千金」が紹介されていた。春の宵のひとときは素晴らしく、どんな千金にも代えが…

川沿いの土手を自転車で走るのが心地よくなってきた今日この頃(1983「Summer Mirage」)

今さら存在を知ったバンド、1983(イチキュウハチサン)のこの曲が良すぎる。 1983『サマーミラージュ』 (OFFICIAL MUSIC VIDEO) 出だしの歌詞の 川を渡る陸橋を走るブルートレイン Slow Step Coming の部分が恐ろしいほど自然にスルッと入ってくる。なんて…

眼科の気球が見える検査とコンタクトデビューの難しさ(in the blue shirt「Fork in the Road」)

最近、in the blue shirtことアリムラ氏がセカンドアルバムの発売を控えて、収録曲をシングルの形で公開してくれている。 アルバム先行シングル第二弾、"in the blue shirt - Fork in the Road" 2019/3/29にデジタル配信開始です。in the blue shirt初のバン…

思考する時間においてのみ人生は自分に近づいてくる(保坂和志「人生を感じる時間」)

小説家の保坂和志が人生について考えたことを書いたこの本。 文庫 人生を感じる時間 (草思社文庫) 作者: 保坂和志 出版社/メーカー: 草思社 発売日: 2013/10/02 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 保坂さんの書いた随筆というか考えを書いた…

イチボとマルシンとラムシンの違いが分かるダバダーな男になりたい

最近は徐々に暖かくなってきて、夜に外に出たくなる。この前、会社の同僚と肉バルに行ってきました。100g単位で牛の色んな部位のお肉を注文できる。が、しかし、部位を書かれたところで、どこがどんな味でその部位が硬いのか柔らかいのか全く分からない。部…

男子トイレの横から丸見えの小便器を考えた者は悪魔

男子の小便器というものは汚れやすいものなのだろう。だからスーパーマーケットなどの男子トイレでは、小便器の前の壁にトイレを汚されないように工夫された張り紙が貼られている。「もう一歩前へお寄り下さい」といったシンプルなものや、「いつも綺麗に使…

卒業ソングの良さは卒業して時間がたってから気づく

毎朝の自転車での通勤経路でよく目にしていた男子高校生の姿を、最近めっきり見かけなくなった。春休みにはまだ早い時期だから、彼は高校3年生であり、卒業してしまったのだろうか。高校の卒業式はだいたい3月の1、2週目だった気がするから、卒業なら合点が…

科学的であることの重要性、そして科学的であるためには(森博嗣「科学的とはどういう意味か」)

森博嗣のこの本、読み返すたびに考え方がいい方向にリセットされる。 科学的とはどういう意味か (幻冬舎新書) 作者: 森博嗣 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2011/06/29 メディア: 新書 購入: 3人 クリック: 146回 この商品を含むブログ (76件) を見る タイ…

トリスのCM、キャスティングも加山雄三の曲もセンス抜群ではないでしょうか

このトリスのCMが良すぎてたまりません。 サントリーウイスキー トリス<クラシック>『 歌う、しあわせだなあ・瓶』篇 30秒 サントリー このCM、吉高由里子のいいところがギュッと詰まっている気がする。というか吉高由里子とロバートの馬場ちゃんの2人とい…

空港って雰囲気が良くてなんだかワクワクする(bonobos「Gospel In Terminal」)

本日、出張のため空港にて飛行機に乗った。空港の雰囲気はいいよね。いつもの場所とは違うところへ、日常から離れるワクワク感がある。仕事の出張ですらちょっと楽しい。最寄りの一番大きい駅から空港へと向かう送迎バスが出ており、送迎バスの中でbonobosの…

短歌によって呼び起こされる様々な思い出や感情(錦見映理子「めくるめく短歌たち」)

歌人の錦見映理子によるエッセイ「めくるめく短歌たち」。 めくるめく短歌たち 作者: 錦見映理子 出版社/メーカー: 書肆侃侃房 発売日: 2018/12/21 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 著者の思い出や考えたこと、感じたことなど…

漫才Loversスペシャル ytv漫才新人賞決定戦2018-2019、勝ち負けじゃないよね~

芸歴10年目までの関西芸人が漫才の腕を競い合う「漫才Loversスペシャル ytv漫才新人賞決定戦」が、この前の日曜日に放送されていた。 www.ytv.co.jp 年に3回行われる予選を勝ち上がった6組が決勝戦で優勝をかけて争う。決勝戦に進出した芸人はネタ順で以下の…

爪を切るなんて朝でも夜でも好きな時にすればいい(ayU tokiO「米農家の娘だから」)

いつまでたっても爪をうまく切ることができない。なんでこんなに難しいのだろう。特に足の爪を切るのが難しい。自分は血行が悪いのか知らないが、足の爪のピンク色の部分と白色の部分の境界があいまいで、区別がつきにくい。ピンク色の部分が薄すぎる。わた…

2019年、いまだにNW-S780シリーズが欲しくて悩む今日この頃

今使っているウォークマンの容量が少なくなってきた。というか前からずっと足りていない。新しい曲を転送しようとするたびに、容量がパンパンであるから、最近聴いていない曲を抜いて容量を空ける。するとどうだろう、最近全く聴いていなかったがために抜い…

清水の舞台から飛び降りるようなことなどしない

書くことがないので先日に京都を観光したことでも書こうではないか。 友人とゲリラ的に京都観光へ行った。どこに行くかも全く決めずにとりあえず京都駅へ。そしてお互いがお互いになにも決められない性格であることを知っているのに、どこに行く?どうする?…

「あいわな」のPVの白目が凄すぎて(ステレオガール「NADA」)

買っちまったぜ、ステレオガールの「NADA」。 2月20日に発売された彼女たちの2枚目のミニアルバム。多分このミニアルバムがリリースされるにあたってYouTubeに広告をかけたのだろう。コメント欄で皆さんがおっしゃっているように、わたくしもご多分に漏れず…

自転車のタイヤの空気は意外と重要(スピッツ「自転車」)

わたしは通勤に自転車を用いているのだが、最近漕ぐのがしんどい。冬の自転車は嫌いだ。寒い。シンプルに寒い。そして風が強い。さらには、会社に行きたくないという憂鬱な気持ちがペダルを漕ぐ足を重くしている。心と体の関係は密接だ。と思っていたところ…

たい焼き屋を探し求めてさまよう夜(ドキュメント72時間「冬の東京 たい焼きエレジー」)

今日のドキュメント72時間。 www.nhk.or.jp たい焼きエレジー。エレジー・・・。哀歌・・・。たい焼きの下にエレジーが付くもんでしょうか。 今回の舞台は、東京四谷の大通りから外れたところにあるたい焼き屋。そんなたい焼きやに来た人たちの人生のドラマ…

ニューヨークヤンキースの意味は、ニューヨークの不良たちではない

ヤンキーは怖い。そんなヤンキーたちの集まり、ニューヨークヤンキースはもっと怖い。そう思っていた時期がわたしにもありました。だって、New YorkのYankeesやからね。 日本で使うヤンキーとアメリカでのヤンキーは意味が異なるそうな。 ・日本 不良のこと …

おいおい、不良が挨拶しただけでなぜ「いい子やわ」というのだオカンよ

生きていたら、どうも腑に落ちないことに出会う。そのひとつとして、不良が挨拶をするといい子に見えるというものがある。全然納得できない。なぜ挨拶をしただけで、こうも評価が逆転するのか。オセロでもあるまいし。一発逆転が過ぎる。そもそも彼らは普通…

丁寧に描かれた細部に神が宿りまくり(panpanya「グヤバノ・ホリデー」)

panpanyaの新刊「グヤバノ・ホリデー」。 グヤバノ・ホリデー 作者: panpanya 出版社/メーカー: 白泉社 発売日: 2019/01/31 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 日本では手に入れることが難しい果物、グヤバノを探し求めたフィリピンへの旅行記…

中学時代の思い出は永遠に覚えている(ワクサカソウヘイ「中学生はコーヒー牛乳でテンション上がる」)

まだまだ大人じゃない、だけれども少しずつ大人には近づいているという時期、中学生。そんな中学生たちの面白おかしい生態を、脚本家であり、コント作家でもあるワクサカソウヘイが書いたこの本。 中学生はコーヒー牛乳でテンション上がる 作者: ワクサカ ソ…

らんま1/2の主題歌はいい曲が多い(チバマコト「失恋はつかれる / 川崎真理子 カバー」)

最近はこの曲を猛烈にリピートしまくっている。 チバマコトの「失恋はつかれる」。「失恋はつかれる」は川崎真理子が1993年に発表した楽曲。何を隠そうこの楽曲、マッキーこと槇原敬之が「木下鉄丸」という人物に名義を変えて編曲を行っている。マッキーがな…

羽毛布団の強さ(暖かさ)、それはダウンパワー(DP)で表される

寒い。とにかく寒い。寒さは暑さに比べて痛みが伴うから嫌いだ。まだ暑い方がいい。冬よ終われ。春よ、来い。遠き春よ。早く来い。 そして、こんなにも寒いので羽毛布団を買ってしまいました。あったかい。ところで羽毛布団の暖かさを表す指標があることはご…

クリスマスソングの幸福感がいいから未だに聴いてる(OK?NO!!「XmasSong」)

先週の土曜日、日曜日はすごく寒かった。土曜日なんてお昼から雪が降って、夜には車のボンネットの上に雪が積もるほどであった。やっぱり1月、2月が1年で寒さのピークを迎える時期だなと思う。冬のイベントと言えばクリスマスであるが、クリスマスの日に雪が…

Vampire Weekendのボーカルってフェデラーに似てるよね(Vampire Weekend「Harmony Hall / 2021」)

Vampire Weekendの新曲が2曲発表された。なんでも年内に新しいアルバム「Father Of The Bride」をリリースするらしく、 3ヵ月にわたって2曲ずつアルバム収録曲を発表していくようだ。ボーカルのエズラのインスタグラムによれば、アルバムには18曲収録される…