牛車で往く

日記や漫画・音楽などについて書いていきます 電車に乗ってるときなどの暇つぶしにでも読んでください

スポンサーリンク

天狗の住む山、鞍馬山のくらま温泉への日帰り旅行

めちゃくちゃ寒い。だから温泉に行こう。ということで、くらま温泉に行った。

 

www.kurama-onsen.co.jp

 

くらま温泉のホームページ、もうちょっとクオリティを上げられないんだろうか。そこら辺の公立高校のホームページクラスのクオリティしかない。まあいいか。

 

叡山電鉄、出町柳駅から電車に乗り、鞍馬駅に向かう。そのときに乗った列車が「きらら」というものだったんだけれども、この電車が良かった。きららは、2両編成のワンマン列車で、座席の一部が車窓の方向に向いている。そのため、車窓の景色を正面に見ながら、電車に乗ることが出来るのだ。

 

f:id:Cluster-B:20181216193933j:plain

 

わたしは、鞍馬方面に向かって、左側の車窓を観れる席に座ったんだけれども、まあ見えるのは軒先につぐ軒先。今度乗ることがあれば、右側に座ってみたいです。そして市原駅あたりから山に入っていくのだけれども、山ではものすごく多くの木が倒れていた。というのも、鞍馬での今年の台風21号による被害は尋常ではなかったようで、叡山電鉄の貴船口駅から鞍馬駅までの区間は、台風直撃から一か月以上も運転休止状態となっていた。今回の観光でも、所々に台風被害の名残が見られた。

 

鞍馬駅に着くと、大きな天狗の顔面のモニュメントがわたしたちを出迎えてくれる。

 

f:id:Cluster-B:20181216195646j:plain

 

鼻をね、ワイヤーで釣って折れないように支えられているのが何とも印象的。支えられているのに、支えられていることを微塵も感じさせないような、堂々とした面構え。勇ましい。なんでも2017年の冬に、天狗の雪が積もって折れてしまったことがあるようだ。

 

trafficnews.jp

 

何ともお茶目な。長い鼻を折られて、恥ずかしくて顔も真っ赤でございますな。でも、凛々しさだけは失わない。なんと高潔な。そして天狗の絵文字ってあるんだね。👺。すげえ。"てんぐ"って打って変換したら出てくる。

 

まあ、そんな天狗ともお別れをし、鞍馬駅から歩いて3分ぐらいで着く鞍馬寺へ参拝に向かった。愛山費として300円を支払う。鞍馬寺はお寺なんだけれども、神社のような朱色の灯篭が美しい。

 

f:id:Cluster-B:20181216193839j:plain

 

f:id:Cluster-B:20181216193834j:plain

 

人も京都市内の観光スポットと比較して少なく、かなり落ち着いて観ることが出来た。途中でロープウェイに乗り、本殿を目指す。ロープウェイからの景色は、秋なら紅葉が綺麗であろう山並みを観ることが出来た。山の頂上への進行方向に対して、右側の席がオススメです。しかし、ここでも台風の被害による倒木が見られ、自然災害の恐ろしさを改めて感じた。木の肌とかも削れていて凄かった。

 

ロープウェイを降りると、しばらく石畳の敷き詰められた道が続く。ここでも灯篭が道なりに建てられており、神聖な雰囲気が感じられる。

 

f:id:Cluster-B:20181216193828j:plain

 

あとは、空気が澄んでいる。なんといっても山の中であるから、空気が綺麗だ。しかし、その分肌寒い。道中には雪も積もっていた。とはいっても、基本的には歩く道は舗装されているので、全然しんどくはなかった。道のわきには、おそらく子どもが作ったであろう雪だるまが。ひとつだけムンクの「叫び」みたいな顔をした雪だるまがあって、びっくりした。子どもって、ナチュラルに迫力のある絵とか作品を作るよな。ロバートの版画のコントを思い出す。子どものころは、雪が降ったらめちゃくちゃにテンションが上がって、かまくら作りとか雪合戦ができるんじゃないかとワクワクした。そんなに積もる地方に住んでいなかったから、結局出来なかったけれど。大人になると、雪を触ることが冷たくて億劫になる。なんなら雪が降ったら、明日電車止まるんじゃないか、会社に行けないんじゃないかと心配になってしまう。社会的に慣らされるって悲しいことだなあと思ってしまいました。

 

そして、本殿金堂に到着し、お参りをする。

 

f:id:Cluster-B:20181216193824j:plain

 

本殿の右手側から中に入ることができ、お賽銭をして日ごろの感謝を。本殿から貴船へと抜ける奥の院への道は、土砂崩れの影響で進むことが出来なかった。そのため、少し引き返して、由岐神社を経由して歩いて下山するルートへと進む。道中、木から蒸気が出ていて、ものすごく神秘的な雰囲気が出ていた。

 

f:id:Cluster-B:20181216193820j:plain

 

前日に雨が降った冬の日の、気圧が低い山でこそ見られる現象。ありがたや。そりゃ天狗もおるわっていうぐらいの雰囲気。

 

下山すると、そのまま歩いて、くらま温泉へと向かう。駅から送迎バスが無料で出ているが、歩いても10分ちょっとで着くとのことだったので、歩いて向かうことにした。無事に10分ちょっとで着きました。

 

f:id:Cluster-B:20181216193937j:plain

 

左手に宿泊施設を備えた本館、右手に露天風呂である「峰麓湯」の建物がそれぞれある。くらま温泉には2つの入浴コースがあり、それぞれ日帰りコースと露天風呂コースとなっている。

 

日帰りコース(大人2500円 子ども(4才から12才)1600円)

 ・本館大浴場と露天風呂「峰麓湯」の両方に入ることができる

 ・フェイスタオル、バスタオル、浴衣が無料で付いてくる

 ・本館2階の大広間で休憩することができる

 

露天風呂コース(大人1000円 子ども700円)

 ・露天風呂「峰麓湯」のみ入ることができる。

 ・シャワーあり

 ・フェイスタオル別売り(200円)

 ・バスタオレンタル(400円)

 ・浴衣貸し出しはなし 

 

本館大浴場にはシャンプーとリンスとボディソープ、露天風呂にはリンスインシャンプーとボディソープが備え付けられている。どちらにもドライヤー完備。

 

わたしは日帰りコースを選んだ。まずは本館大浴場へと向かう。入ると、普通の大浴場。そんなスーパー銭湯みたいな色んな湯舟があるわけではなく、シンプルに大きな浴槽がひとつ。それとサウナがひとつ。普通の大浴場といえども、体を洗って湯船に浸かると、とても気持ちいい。おそらく観光客のほとんどは、露天風呂コースを選択しているので、本館大浴場には自分以外誰も人が入っていなかった。大きな浴槽を独り占めできる贅沢。わたしはサウナが苦手なのでスルーして露天風呂へと向かう。本館大浴場の脱衣所のロッカーに服と荷物を詰め込み、浴衣に着替える。露天風呂に入るには、いったん本館から外に出て、露天風呂専用の建物に行く必要がある。浴衣じゃ、まあ寒いこと寒いこと。しかし、本館大浴場で温まった身体の熱が冷え切らないうちに、急いで向かえば何とかなる。

 

露天風呂の脱衣所は、そのまま外にあるため、着替えているときはすでに寒い。着替えを置く無料のカゴと100円ロッカーのどちらもありました。着替えて急いでシャワーで体を流す。ここでわたしは、露天風呂に向かって右側のシャワーを使いに行ったのだが、こっちは完全に外にあるため、めちゃくちゃ寒い。そして、帰るときに気づいたのだが、脱衣所から右側に進むと、そこだけドアの付いた室内の体を洗うシャワールームがあった。こっちを選べば全然寒くなかったのに・・・。そして露天風呂に入る。すげえ気持ちいい。景色はそんなに綺麗なわけではないが、やっぱりこの解放感が最高だ。寒いから一生出れる気がしない。十分に露天風呂を堪能した後、着替えて再び本館へ戻る。

 

本館にある食事処で、ソフトクリームとコーヒー牛乳を味わい、2階の大広間へ行く。大広間はただの畳を敷いてある部屋であるが、ブランケットと座布団が無料で貸し出されており、寝っころがってゆっくりできる。30分ぐらい寝ました。なんて幸せな休日。大広間ではおっちゃんも何人か寝ていた。1階にあるマッサージチェアでは、外国人の観光客の方が気持ちよさそうにしていた。なんて平和なんだ、ここは。温泉は人を幸せにする。

 

くらま温泉はあんまり人が多くなくて、ゆっくりすることが出来た。観光客の人は、鞍馬駅のひとつ手前の貴船口駅でたくさん降りていた。天狗のモニュメントを見たら、家に帰ってロックマン&フォルテのテングマンを倒しに行きたくなりました。

 

f:id:Cluster-B:20181216194229j:plain