牛車で往く

日記や漫画・音楽などについて書いていきます 電車に乗ってるときなどの暇つぶしにでも読んでください

スポンサーリンク

TシャツのMサイズはSサイズでもありLサイズでもある

先日、靴下を買おうと思いユニクロに行ったところ、ピンポンのTシャツが売られているのを発見して購入した。

 

www.uniqlo.com

 

https://image.uniqlo.com/UQ/ST3/AsianCommon/imagesgoods/430547/item/goods_00_430547.jpg?width=1194   https://image.uniqlo.com/UQ/ST3/AsianCommon/imagesgoods/430547/sub/goods_430547_sub8.jpg?width=1194

 

ペコとドラゴンが打ち合っているシーン、めちゃくちゃカッコいい。およそ1000円という値段でこのクオリティとは、流石は大量生産によるコストダウンのおかげですなと言いたい。何年か前に松本大洋複製原画展で買った、ペコが打ってる瞬間のコマがプリントされたチャンピオンのTシャツは確か5000円ぐらいしたのだけれど、一年も経たないうちに破れてしまった。っていうのも、原因はおそらくサイズを誤ったためと思われる。Tシャツを体に当ててみた結果、サイズはSでいいかと思って買ったところ、実際に着てみるとかなり小さくて、着るときは毎回パツンパツンになりながらといった感じであった。その度に無理な力がかかり続けたため破れるに至ったのであろう。ぶっちゃけめちゃくちゃショックでした。そして今回のユニクロのTシャツは、当てた感じではMじゃあ小っちゃい気がしたのでLサイズを買ったところ普通にめちゃくちゃ大きくて、もはや自分の感覚が分からなくなってしまった。まあ部屋着として着るつもりであるし、寝るときはお腹が冷えないようにわたしは夏でもシャツIN派でございますから、Lでもよしとしましょう。しかし一体、いつになったらピッタリのサイズの服を選べるようになるのか。Tシャツごときじゃあ試着する気にもなれんし。

 

っていうか、全国の服屋さんよ、Tシャツのサイズを統一してはくれませんか。MやのにSくらいのときあるし、はたまたその逆でMやのにLくらいのときもある。せめてMの場合はジャストMかS寄りみたいな、最悪小さめっていう風にブレる方向は一方向であってたもれ。そう言えば、松本大洋複製原画展で買ったTシャツは確か「USサイズで大きめの作りとなっております。」みたいなことが書かれていて、その文言を信じて普段MのところをSで買ったのに結局小っちゃいんかいっ!とその当時思ったことを思い出した。あれなに?でもTシャツのサイズを統一しようとするなんて、それこそ画一化により個性をなくしてしまい、世界を面白くなくさせてしまうのだろうか…って、んなこたあない。サイズを統一しつつ、大きめがほしいやつは普段よりワンサイズ上げりゃあよろしい。Tシャツの個性ってなんやねん。大きいのを着たいんやったら普段MのところをLにしたらよろしいでしょうよ。そう思ってしまいます。いやまあ、シルエットとかが変わったら話も変わって来るんでしょうけど。その件に関しては重々承知しております。せめて同じお店で売られているTシャツぐらいは、サイズ感を統一してほしい。


自分も自分でTシャツを買いに行ったときは毎回、Tシャツなんてものは試着をするほどのもんでもないと考えて、自分の体の正面にTシャツを持ってきては肩の部分で合わせてその重なった部分を顎を引きながら見てみたりしているけれど、それをやったところで何が分かるって言うんだい?なんとなくこれぐらいがちょうどいいと思いながら失敗したことがこれまでにどれほどあった? 


ほんなら、自分の手持ちのTシャツの中でジャストサイズのものを毎回買いに行くときに持って行って、欲しいと思ったTシャツをそれと合わせてピッタリになるサイズを買えばいいではないか。はい、これで解決。なんだけれども、これがなんだかできまへんのよ。そんなことをしている人を今まで見たことがない、ただそれだけの理由でそれができまへんのよ。『あの人、わざわざ家からTシャツ持ってきて売ってるやつと照らし合わせてるやん。』と思われることが、なぜにこれほどまでに怖いのか。どなたかお偉い学者さんよ、教えてくだされ。わけなどあるのでしょうか。

 
ほんなら、ほんなら、Tシャツを持って行くのは止しといて、家でしっくりくるTシャツを先ほど書いたように自分の体の正面に持ってきて、肩のところで合わせた際に肩幅や身丈が体のどの辺りにくるのかを覚えておけばいいではないか。それがいい。早速当てて確認しよう。ふむふむ。なるほどこれくらいか。では、いざ新たなTシャツを買いに行こうぞ。うむ、このTシャツ、デザインが派手すぎずちょうどいい。変な英語も書かれてなけりゃあ、若々し過ぎることもない。では身体に当ててサイズを見てみようとなったとき、果たして家でちょうどいいTシャツを当ててみたときは、肩のどれくらいのところに当てていたっけ?なんて風に分からなくなってしまう。あれ?身丈ってどれぐらいの位置に来ていたっけ?うーん、分からん。お手上げだ。でも何となくMじゃあちょっと大きい気がするし、Sサイズがちょうどいいんではないか?よしっ、ここは一丁、Sサイズにしよう。きっと大丈夫。で、家に帰って着てみれば大丈夫じゃない。小さい。どう見ても小さい。もういやだ。一回寝たい。忘れたい。

 

この問題をみなさまはどのようにして解決していらっしゃるのでしょうか。決め打ちでMサイズを愚直に買い続けたほうが、結果として当たりを引く確率は高くなるのでしょうか。個人的には、身幅、肩幅、身丈、そで丈が何センチかといった表記を上手いこと活かしている人はいるのかということが気になります。自分のそれらを把握している人っているんですかね?あと、返品・交換はめんどくさいと思ってしまいます。わがまま言ってすみません。ということで、サイズを間違えるたびに、ああ、買う前にもう一回戻ってやり直したいと思うのが常であります。

 


Locksley - All Over Again