牛車で往く

日記や漫画・音楽などについて書いていきます 電車に乗ってるときなどの暇つぶしにでも読んでください

スポンサーリンク

待ちに待ったワールドトリガー連載再開

f:id:Cluster-B:20181018224816j:plain

 

ワールドトリガー連載再開するんだってね。めちゃくちゃうれしいよ。葦原先生お帰りなさい。この前、ブログにいつ帰ってくるか書いたばっかやったから、タイムリーでなおさらうれしい。

www.gissha.com

ヒュースがチームに入ったところで、私の記憶は止まっている。これから面白くなるぞってところで止まっている。10月29日発売のジャンプで復活して、週刊で5回掲載した後に、ジャンプスクエアに移るようだ。ストーリーはすごい面白いから、月刊でゆっくりやってほしい。読んだことがなくて暇な人は、ジャンプ+で無料で100話まで読めるようになるので、ぜひ読んでほしい(『ワールドトリガー』連載再開記念!100話無料キャンペーン開催!!‐少年ジャンプ+)。ぶっちゃけ最初の方は、可もなく不可もない感じの漫画やけども、個人的に59話ぐらいから面白くなるから、そこまでは我慢して読んでみてほしい。100話まで読めば、ワールドトリガーの良さは伝わるはず・・・。

 

ワールドトリガーの何がいいとこかって、メインキャラ以外のモブキャラも活躍するところだと思います。いままでライバルだったキャラが、共通の敵と相対することになって、めちゃくちゃ頼もしくなるという。俺は出水先輩がカッコ良くて好きです。ベタかね。読み始めたばかりのころは、キャラの顔も似たようなのが多いし、名前も覚えづらいしややこしいけれど、ハマれば自然と分かるようになる。バトルシーンに関しても、新しい大技がドッカンドッカン出て強くなっていくというよりは、今ある手持ちの技を工夫して戦っていくから、見ていて地味は地味やけど楽しいね。その武器そんな使い方するんやって。派手さはないけれど、何度も読み返したくなる漫画ですよ。

 

そして、本編100話無料と合わせて、オフィシャルデータブックも100ページまで無料になっている(【期間限定無料】ワールドトリガー オフィシャルデータブック BORDER BRIEFING FILE)。これがまた面白いんよ。本編を読んだ後にこの本を読むと、色んなことが分かって楽しくなる。キャラの能力や装備、師弟関係、昔はどこのチームに所属していたとか。そして、この本を読んだ後に、もう一回本編を読み返すとさらに面白くなる。で、またデータブックを読みたくなる。ラーメンのスープ飲んで、水飲んで、またスープ飲んで、無限にいけるみたいな感じになる。

ワールドトリガー オフィシャルデータブック BORDER BRIEFING FILE (ジャンプコミックス)

ワールドトリガー オフィシャルデータブック BORDER BRIEFING FILE (ジャンプコミックス)

 

 

そういえば、昔、ナルトのデータブックも面白かったなあ。 

NARUTO秘伝・臨の書―キャラクターオフィシャルデータBOOK (ジャンプ・コミックス)

NARUTO秘伝・臨の書―キャラクターオフィシャルデータBOOK (ジャンプ・コミックス)

 

忍術の情報がめっちゃ載ってて、読んでて楽しかった。友達に、カカシが写輪眼でコピーした再不斬の「水遁・大瀑布の術」の印を全部覚えてるやつがおった。目の前で印を結ばれたけど、あってんのか分からんかったな。こっち覚えてないし。火遁豪火球の術と千鳥ぐらいしか印結べんし。

 

ワールドトリガーのストーリーの紹介とか全くしてないけれど、説明しにくいし、読んでみて下さい。どのバンドか忘れたけど、インタビューで楽曲のこと説明させられるけど、何のために曲書いてんねん、曲聴いたら分かるから聴いてくれ。口で説明してわかるんやったら曲にしてない、みたいなことを言ってて、なるほどなと思った。andymoriやったっけ。まあこんなブログ、インタビューもされずに勝手にこっちが書いてるだけやけども、ぜひ読んで面白さを感じてほしい。無料なんで。