牛車で往く

日記や漫画・音楽などについて書いていきます 電車に乗ってるときなどの暇つぶしにでも読んでください

スポンサーリンク

漫才Loversスペシャル ytv漫才新人賞決定戦2018-2019、勝ち負けじゃないよね~

漫æLoversã¹ãã·ã£ã«  ytv漫ææ°äººè³æ±ºå®æ¦

 

芸歴が10年目までの関西芸人が漫才の腕を競い合う「漫才Loversスペシャル ytv漫才新人賞決定戦」が、この前の日曜日に放送されていた。

 

www.ytv.co.jp

 

年に3回行われた予選を勝ち上がった6組が決勝戦で優勝をかけて争う。決勝戦に進出した芸人はネタ順で以下の通り。

 

 セルライトスパ

 コウテイ

 ネイビーズアフロ

 紅しょうが

 からし蓮根

 たくろう 

 

MCは千鳥の2人。千鳥はMCにもかかわらず、番組の冒頭で漫才をさせられていた。本人たちも「漫才いる?千鳥の?」と言っていた。ネタはチケット販売のコールセンターの女、骨Y(ずわい)。相変わらず面白い。そして、審査員は以下の5名+マスコミ審査員。

 

 オール巨人

 ハイヒール・リンゴ

 木村祐一

 ナイツ 塙

 NONSTYLE 石田

 

5名中、3名がM-1でも審査を行ったことがある方々(オール巨人師匠にナイツ塙、NONSTYLE石田の3名)。そう思うとかなり豪華な審査員のように思える。まあ、塙以外はコテコテの関西芸人やけれども。それにしても関西の賞レースでも審査員を任されるとは、塙の審査員としての実力は関西芸人界隈でも一目置かれているのだろう。

 

1組目はセルライトスパ。今回、ボケの大須賀は変なセーターではなく、NONSTYLEの石田のような白の衣装を着ていた。ネタは不動産屋のもの。セルライトスパは相変わらず独特のネタをするなあと思った。そしてラルクのHydeが50歳という衝撃。そんなにいってたとは・・・。セルライトスパのネタでは空手の型のものが一番好きだ。ダントツで分かりやすいネタ。このネタもっとテレビでやってほしいです。それにしてもキム兄、いきなり98点とは飛ばしすぎではないでしょうか。そして、コメントも相変わらず細かいなあ。まあそこがキム兄の面白いところである。

 

2組目はコウテイ。出場していた芸人の中で一番元気。一番ぶっ飛んでた。ズィーヤッ。めっちゃ花咲いてるやんベイベーが好き。ベイベーの部分が特に好き。「A5のカラス肉はB2のニワトリやろ」も面白かった。そして唐突に訪れる漫才の終わり。ぶっ飛んでるわ。ただ、めちゃくちゃやってるだけではないのも事実。コウテイの漫才が終わった後に千鳥の大悟も「結構きっちりしてる。ちゃんと聞いたら。」とコメントしていた。ただやはり第一印象というものはあるのであろう。コウテイのことをうるさい一発屋芸人のようにとらえる人も少なくないかもしれない。

 

www.gissha.com

 

そして、コウテイは巨人師匠の点数がいつも低いとネタで怒っていた。巨人師匠の点数が低いの、なんとなく分かってしまう。巨人師匠は真面目で王道な漫才師が好きな印象があるからなあ。舞台裏での態度とかも絶対に点数に影響してるからな。それでも巨人師匠は様々な大会で審査員をしているけれど、巨人師匠の採点がいいだの悪いだのとあまり話題にはならない。スポーツなどでは審判が目立った試合は良くない試合とい割れることがあるが、採点に関していいも悪いも言われない巨人師匠は名審査員ではなかろうか。

 

3組目はネイビーズアフロ。ネイビーズアフロは面白いもんなあ。こういうちょっとネジが外れたサイコパス系のキャラの漫才は面白い。そして、ボケの皆川のしゃべりが注目されがちではあるが、ツッコミのはじりのしゃべり方がわたしは好きだ。「なんでー」とかの言い方。

 

4組目は、唯一の女性コンビである紅しょうが。強烈なキャラをしているボケの熊元プロレス。でもこれまたボケの印象が強いコンビではあるが、ツッコミの稲田さんの感じが好きやわ。なんかシンプルな大阪の女芸人感がいい。聞き取りやすい。アジアン隅田さんの上品版みたいな感じ。上のコウテイについて書いた記事で〇〇に似ているというのは失礼ではないかと自分で書いたにも関わらず、アジアン隅田さんの感じに似ていると書いちゃったぜベイベー。申し訳ない。そして、「情けないですよね~」というフレーズ。これは発明ですな。

 

 5組目はからし蓮根。めちゃくちゃ面白かった。右折するために車から降りたところは一番笑いました。キム兄は100点を叩き出しました。そして、からし蓮根の点数が発表され敗退が決定したセルライトスパ大須賀の「勝ち負けじゃないかな~」という敗退コメントは、今回のハイライトではないでしょうか。顔も悲しそうで最高でした。ちちゃい声で「違うと思う」と言っていたのも面白かった。

 

6組目はたくろう。たくろうは最近色んな賞レースで目にする。たくろうも独特で面白い。噛み合わない漫才。ボケの赤木のマイワールドの展開っぷり。そしてパーマへの謎の偏見。ネタ中にボケの赤木がどれだけしゃべるかということは決めていないらしい。すごい。この冴えない見た目もいい。そして、そんな見た目の2人が決勝進出を決めてガッツポーズをして熱くなっていたところはさらに良かった。カッコいいよな。たくろうはM-1の敗者復活でも面白かったことを思い出した。

 

ということで1回戦の総得点は以下の通り。

 

f:id:Cluster-B:20190304225919p:plain

 

からし蓮根とたくろうが最終決戦に進出した。それにしても互いにどのコンビも個性があり、誰とも被っていなくて面白かった。あと田中みな実アナを「田中さん」と呼ぶときのノブのイントネーションが、関西弁の田中の中に力を入れる呼び方だったのがなんか面白かった。近所の知り合いの田中さんを呼ぶみたいな感じだった。

 

そして最終決戦。なんやかんやでからし蓮根が優勝した。書くの疲れたんでまた暇なときに書こうと思う笑。